インマヌエル綜合伝道団はプロテスタント:キリスト教会の教団です

イムマヌエル綜合伝道団ロゴ

HONG KONG(香港)○鹿島義喜、○朱蕙芬(理香)

Rev. Yoshiki & Rika Kashima

Flat C , 10/F, Causeway Tower, 16-22 Causeway

Road, Causeway Bay, Hong Kong

852-5396-4876 [Fax 852-2881-8243]

e-mail : kashima@immanuel.or.jp

過去の活動報告

宣教報告と祈祷課題

2019年1月

1月6日の今年の初めの礼拝までは良かったのですが、、、疲れからかその後、寝込んでしまいました。香港の病院へ行きましたが、15年の4月以来でした。

30日の年末感謝礼拝後は、久しぶりに広州から新幹線で、武漢まで行きました。武漢は雪でマイナスでした。武漢では、湖北省のセンター教会と昔租界地であった頃のノルウェーの宣教師の開拓教会(今でも礼拝が捧げられています)を見学しました。

2019年 2月 祈祷課題(2/22更新)

1、10年目の歩みの中、一人ひとりに御言葉による霊的成長が与えら れ、また新来会者が加えられてきますように

2、牧師夫妻の健康が守られ、香港と広州を往復する生活が支えられますように

3、香港と近隣地域での邦人伝道の働きが広げられますように

2019年 1月 祈祷課題(1/5更新)

1、教会総会を感謝のうちに終えられたこと。

2、創立10周年記念誌の発行準備のために。

3、牧師達の出入りと良き出会いが与えられますように。

2018年 12月 祈祷課題(12/15更新)

1、新しい年に与えらえられたお言葉をしっかりと握り、活かされて前進できますように。

2、9回目となる教会総会の準備と祝福のために。

3、広州(番禺/祈福)での働きのために、今年も良い出会いが与えられますように。

4、 香港社会の平和と日中関係が良好に保たれますように。

2018年11月報告(11月16日更新) NEW

香港も大分秋らしくはなってきています。もう「立冬」11月7日も過たので、これから段々と寒くなっていくと思われます。

教会の90歳の姉妹(速水貞子)が、お嬢さんと一緒でしたが、駅で人にぶつけられ倒れ、救急車で病院へ行かれました。その連絡を受けて広州より昨晩香港に戻り、お見舞いに行きました。ぶつかってきた方は、何も言うこともなく行ってしまったそうです。買い物用の荷物かごを引っ張っていた女性だそうです。頭を強く打ったのでCT検査などをしておられます。瘤は大部ひいてきたようです。肩も打っておられます。礼拝出席はしばらく様子を見るようになると思われますが、大事に至ることのないようにお祈りいただければ感謝です。

広州の方は、秋よりトヨタのプロジェクトが始まり、日本人が多く来ています。朝は、2台の大型バスで、工場まで行かれ、夜は日本料理店ではあちこちで日本語が聞かれるようになりました。二人の日本人青年に声をかけることが出来、家の方に夕食にも来られました。更に良き出会いと証しが出来るようにお祈りいただけると感謝です。ただ、出張ベースでの滞在なので、半年以内には帰国と短い滞在です。ただ今回は大きなプロジェクトなので、全体的には時間がかかるようです。クリスチャンと出会えると感謝ですが、、、祈りが必要です。

11月18日は香港インマヌエル教会でも今年の宣教DVDを使って礼拝を捧げようと思っています。礼拝を捧げている場所でプロジェクターが使えるようになったので、感謝です。

祈祷課題

祈祷課題

2018年6月報告(6月2日) NEW

香港インマヌエル教会は、2009年6月7日に第1回目の礼拝を捧げました。海外の教会なので、多くの出入りもありましたが、9年目を終え、10年目に入ろうとしています。
「私の神は、キリスト・イエスにあるご自身の栄光の富をもって、あなたがたの必要をすべて満たしてくださいます(ピリピ4章19節)」のみ言葉を握りながら、今年の上半期も全てのことを主はご存知で、必ず私たちの必要を満たしてくださると信じて進んで参りました。
香港には他の日本語教会もありますので、興された初めからお隣の地域を祈りの中に覚えて来ました。2013年にはお隣りへの働きが始められ、はじめは、大陸でも以前は何もなかった漁村で、30年強で、著しく発展している驚くべき所でした。現地の教会も大きく成長し拡大していました。そこで3年間、そして2016年からは、古い町ですが、香港から片道4時間強の所へと導かれました。今借りている所から、歩いて30分ぐらいのところに、家庭集会として始められて10年が過ぎる地方教会があります。はじめは数人の家庭集会でしたが、大きく成長し、今は公認教会に属し、去年から伝道師が送られて来ています。 私たちは日曜日には香港の礼拝に戻り、奉仕があるので、一度も礼拝には参加したことがありませんが、週報などを見ると日曜日の朝は2回ほどの礼拝が捧げられ、120名ぐらいの方が、教会学校の方も30名ぐらいの方が集っておられます。木曜日の午前中の祈祷会には加わり一緒に祈りを捧げさせていただいています。 さらに、私たちは日本人伝道に励んでいきたいと思います。
6月9日には、JOMAの団体のひとつであるAFJが初めての試みですが、日本人を対象にゴスペルコンサートを計画されています。外国ID所有者のみの集会となりますが、お祈りいただけると感謝です。中々細かい報告が許されない状況ですが、今年は、久しぶりに夏季聖会に参加させていただき、お交わりをいただければと祈っております。主の最善の導きをお祈りください。

*2016年10月6日NEW

 2016年7月7日、3回引っ越しを余儀なくされた深圳から、広州へと引越すように導かれました。測り綱が落ちたところは、広州、番禺 (パンユウ)、祈福(チーフー) 新邨(ニュータウン)と言うところです。バスで40分ぐらいのところに広州豊田の工場があります。日本の豊田からのスタッフが利用しているのと同じ所に導かれました。香港からは、片道に約4時間半かかります。火曜日の祈祷会を香港で終えて、午後の越境直行バスで、広州に出ています。ボーダは、今までよく使っていた深圳湾ボーダで、慣れています。そこで同じ会社の中国のバスに乗り換えます。通関は自分で荷物をもって通ります。時間によってはとても込みますが、去年荷物運びの規制ができたのと、外国人専用の通路ができたので、少し楽になりました。必要ならば、数時間、集会のために深圳で過ごすこともできます。  
 新しい所、祈福新邨(ニュータウン)のほうには、16万人ぐらいいるそうです。外国人も多いです。2018年には、高鉄(新幹線)の広州南駅より、祈福新邨まで地下鉄がとおります。今、借りているところから、歩くと30分ぐらいのところに、公認の三自教会があります。 新しい所に、早く落ち着けますように引き続きお祈りいただければ感謝です。特に相応しい出会いが与えられますようにお祈りください。

 そのような中、JCE6に参加が許されました。今回は初めての試みで、会議後在外日本語宣教従事者の集いが持たれ(120名ぐらいの参加)、IGMを越えて、色々な方々と交わりが許され(写真:香港・上海JCF牧師・ミラノ讃美教会牧師らと)、励ましとチャレンジを受けることができました。再生Re-Vision されて香港に再び遣わされてくることができ、感謝でした。引き続き在外日本語(ディアスポラ宣教)の働きを覚えてお祈りください。

*2016年6月6日

 さる6月5日の礼拝は、7周年創立感謝礼拝として捧げることが許されました。ここまで来ることが許されたことは、主の憐れみ以外にはありません。  ただ、去年の創立感謝礼拝は25名で捧げさせていただきましたが、今回は12名でした。数だけに目を止める事の誘惑から守られたいですが、寂しさを覚えるというのが正直な気持ちです。幹事も新しくされて、この教会で洗礼を受けられた兄弟姉妹2名が加わってくださり、3名体制が続けられています。引き続き幹事の働きを担ってくださっておられる方は、7年前の創立礼拝に出られた中で、唯一、今、残っておられる方です。  
 先月88歳を迎えられた姉妹で、健康も支えられて、礼拝・祈祷会と励まれておられます。そのような教会の歩みの中ですが、3月27日のイースター礼拝では、一人の姉妹が受洗に与られ、会員一同感謝に満されました(写真)。ただ彼女も、5月22日に香港メソジスト教会で結婚式を挙げられ、伴侶者がオーストラリアの歯医者なので、オーストラリアで信仰生活と新婚生活がはじめられています。  深圳の方は、香港よりもさらに移動が激しい状況です。この3年間は、日本人学校教諭の姉妹を中心に集会を持ってきましたが、姉妹も3年間の契約を終えられて、深圳から杭州の日本人学校の方に移動されました。私たちも深圳の今借りている所が売りに出され、7月10日までに移動しなければならなくなりました。祈りの中、主の御心を求めておりましたが、最終的に広州(番禺)へと導かれました。広州に工場のある豊田など日本企業のスタッフが利用している所(祈福新邨といいます)に良い住まいが与えられました。主の御名を崇めています。7月7日に引越しを考えていますが、そこでのこれからの働きのためにも覚えてお祈りいただけると感謝です。

教団本部

東京都千代田区神田駿河台2-1 OCCビル6F 地図リンク
TEL:03-3291-1308
FAX:03-3291-1309
e-mail:honbu@immanuel.or.jp
時間:10:00~16:00
受付日:火・木・金

全国のインマヌエル教会

eラーニング

インマヌエル教育局では、牧師の学びや、地方(海外でも)にお住まいの方や、お仕事や介護で時間の取りにくい信徒の方のために、インターネットを用いた学びを提供しています。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

↑ PAGE TOP