インマヌエル綜合伝道団はプロテスタント:キリスト教会の教団です

イムマヌエル綜合伝道団ロゴ

CAMBODIA(カンボジア)○蔦田緑乃

273-0123 鎌ヶ谷市南初富 3−17−36

TEL 047(497)8314

e-mail : gtsutada@msd.biglobe.ne.jp

*2018年4月6記:宣教報告NEW

“あなた方はこれらのことの証人です”ルカ 24:48
Vandy 先生、ダビデ君、テス夫人御一家
イースターを超えて、自然界にも生命の息吹がみなぎり始め、喜びが伝わって参ります 今日この頃となりました。2 千年前に復活された主イエス様の生命が、今もなお、豊かに 信じる私達の心に注がれております事実に目を留め、「我が内に在すキリスト」の御臨在を 朝に、昼に、夕に確認させて頂きたいと渇きを覚えつつの日々を過ごしております

常の尊い御祈りを心から感謝申し上げます。イースターの喜びを御分かちするカードの 変わりにこのニュースレターをお届けして、御祈り頂きおります事への感謝と共に近況報 告をお送りもうしあげます。

一人息子とお母様,Tess 師と日本のグランマ

特別に健康の為に御祈りを頂きながらの御奉仕を続けておりますが、整形外科の医師が腰 のMRAの写真を御覧になって、「この写真で見る限り、先生がこの体でカンボジアを往復 できているのは、“神の御手”としか思えません」とのコメントに、如何に背後の御祈りの 力が強い支えとなっておりますか、を再確認しました。只今は鍼灸治療で痺れがとれるよ うに、と願いながら、とりあえず、5 月の再渡航まで、4 月一杯を治療に用いております。 主の御手が置かれますよう、引き続き御祈りに覚えて頂けましたら幸いです。

KCCの働 き人との祈祷会

毎週金曜日に、プノンペン市内にて労するKCCの働 き人との祈祷会です。左はそのメンバーです。 時々はOMFの伝道者や、平信徒としてビジネスを し乍ら伝道しているレアック兄も加わりますが KCC の働き人としてはこの 4 名がレギュラーメンバーです。
向かって右から;Vandy 先生、Greg 宣教師(比国人)、一人おいて、Mark 宣教師(米国人)です。
昨年、Mark 宣教師はバイク 事故で肋骨がおれる大怪我、只今快復途上にあります。 カンボジアでは交通事故があっても警察の人がくる前にみんな逃げて被害者はなす術なし、救急車をよんでも、先ず「500 ドル払えるか?」と質問されま す。殆どの被害者は出せません。すると救急車はけが人を置いてさっさと帰ってしまいます。マーク先 生も自分で病院に行かれたそうです。

カンポンチュナン州地区の教会◉(プノンペン市から車で約2時間半位です)

巡回で地方教会を訪れました。一番右側の男性が平信徒の伝道者、レアク兄で、この巡回の為に自動車を運転して回って下さいました。カンポンチュナン州地区の教会真ん中の御二人はこの教区で牧する牧師さんで、私が訪問したという事で礼拝を合同で守るために集まりました。黄色い上着の御婦人は真ん中 の牧師さんの妹にあたる方です。実は彼らのお父様は医 者でしたが、ポルポト政権の時投獄され、足に鎖をつけられて日々重労働を課せられながら、ブッダに祈っても助けてくれなかった、という事から、イエス様の事を聞いて真実の神様を信じ、医者業を止めて牧師になられました。2,3年前、天に召された御報せを頂きましたがその息子さんや子供さん方は牧師やクリスチャンホームを築いて牧会を助けておられます。

礼拝が終わった後で、この家の教会の牧師ペン先生のお母様が病いの床についておられながら、メッ セージを聞いておられるのに気が付きました。心に促しを覚えて、そのベッドに行き、レアック先生の 通訳により、救いの信仰に導かせて頂く恵に与り感謝でした。昨年 12 月に再度カンボジアに赴きまし たら、お母様が天にめされたとの御報せをうけましたが、主の十字架の恵の裡に世を去られた事が確か であるという事を伺い御名を崇めました。量りしれない主の愛と恵の深さ、広さ、高さを思う事です。

もう一つの村の伝道所に集まって来られた方々です◉

伝道所に集まって来られた方々  集会の後、一人の御婦人が病をもって居られるという事で皆さん方と心を合せて癒しの御祈りを捧げる 時を持ちました。
この度は新しい本部、宣教師館などの建物が与えられ、今年の年末頃には献堂式ができるのではないか、という事を聞いております。お祈り
するとサタンの妨げも激しく、ヴァンディー師の一人息子、ダビデ君(3歳)がピロリ菌の腸炎で一週間高熱が(40度の時もあり)病院では何時間も待たされ遂にクリニックの良い医師に駆け込み、治療に当ること2週間、その間、私の地方教会訪問の企画は全部キャンセル、なす術もなく「閉じ込められた」7月のご奉仕でした。次にレアック牧師の腰の痛みにより、手術の話しにも及び、祈らせられ何人かの方々には緊急の祈りをお願いしましたが、今の所、痛みがとれてきております。攻撃は次々ときますが、然し、合間にヴィレジ伝道も開始、貧しさとギャンブルの中に住む一人のHIVの感染を受けた男性の家族を対象に聖書の学びも開始、7月後半には合計3つの地方教会を巡回、と戦いはスローながら前進を見ております。
8 月に大統領選挙を控え、政情が不安定の中に無事に建設が終わり、伝道活動が本格的にスタ―トし、 救霊の御業が力強く進められますように御祈りの御支援を宜しくお願い申し上げます。又、教報の広げ た翼で何回か御報告とお願いをしております Vandy 先生の息子さんの発達障害の問題の為にも、御祈 り下さい。先生は伝道に全精力を注いでおられますが、背後からの癒しと経済的戦いの為の御祈りが必 要です。祈り頂けましたら感謝です。御教会の上に御祝福を御祈り申し上げつつ、感謝と御礼に代えさ せて頂きます。
PDFはクリック

その他の活動報告と祈祷課題

その他

2016年8月〜の宣教報告(過去ログ)はこちら



帰国時の巡回申し込みは神栖教会・蔦田敬子牧師(0299-92-3545)saltsuta@yahoo.co.jp まで

巡回報告予定

日時  教会・聖会
 年 月 日(日)    教会

教団本部

東京都千代田区神田駿河台2-1 OCCビル6F 地図リンク
TEL:03-3291-1308
FAX:03-3291-1309
e-mail:honbu@immanuel.or.jp
時間:10:00~16:00
受付日:火・木・金

全国のインマヌエル教会

eラーニング

インマヌエル教育局では、牧師の学びや、地方(海外でも)にお住まいの方や、お仕事や介護で時間の取りにくい信徒の方のために、インターネットを用いた学びを提供しています。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

↑ PAGE TOP