インマヌエル綜合伝道団はプロテスタント:キリスト教会の教団です

イムマヌエル綜合伝道団ロゴ

KENYA(ケニア/テヌウェク)蔦田就子

Miss Anna N. Tsutada

c/o Tenwek Hospita1, P.O.Box 39, Bomet, KENYA

e-mail : annatsutada@tenwek.com

現在のブログは「音ノート2」http://www.voiceblog.jp/ant2/
以前のブログは「音ノート」http://www.voiceblog.jp/ant/

公信157号(2017年9月)NEW

全国看護師ストライキが終結しました。お祈りを心より感謝申し上げます。テヌウェック病院のように開いている数少ない病院の過密状態が延々と続いておりました。今後少しずつ各所の負担が減少していくのではと期待しています。
看護学生と言えば、以前も受け入れた他校から、テヌウェクの看護学校生徒と重なる形で実習の申し入れがありました。残された数日で前回同様2パターンのスケジュールを作成。到着の前日、実は2グループが一時重なる形で長期の実習をしたいと連絡が入りました。以前指導者研修会で、良いリーダーはリアクト(感情的な反応)しない、と習ったように記憶していますが、抑えても溢れて来る感情的な反応と格闘している中、もう少し冷静な主任と副主任が相談して、今まで例のなかった夜勤帯と週末にも学生を入れる事で人数を散らせるのではというアイディアを頂きました。二人が話し合っている間、今からどうにでもなることではなくやるしかない、のだから助けも与えられることであろうし、とこちらも落ち着かせていただいて、半徹夜になりましたがなんとかスケジュール作成出来ました。その後も選挙の為に自習は中止、学生は一週間自宅待機、もう実習には戻らないと聞かされていたグループが戻ってくるとその日の朝に聞かされたり、当初の予定よりも1週間延長になったと数日前に聞かされたり、だいぶ振り回されました。前回までよりも学生の態度が概ね積極的なのは感謝です。
蔦田就子宣教師
2回目の大統領選挙は10月26日に行われました。
最大野党の候補者が立候補を取り下げ支持者にはボイコットを呼びかけたため、一部では妨害により投票が出来なかった地域や延期になった地域がありました。しかし30日には現職大統領が勝利、と結果発表されました。野党は今回の再選挙の正当性に疑問を唱え、引き続き経済ボイコットや抗議運動等行う旨を呼びかけているため、最高裁にまた提訴して3度目の選挙になるのか、行く末はまだ混沌としています。引き続きお祈りをお願い致します。

選挙関連の暴動や混乱が各地でみられていますが、警察もかなり強い警戒態勢を敷いており、全国規模には至っておりません。今月は8年生(日本の中二)や4年生(日本の高三)の全国一斉テストがあることもあって抑え気味であるという話もあります。 11月は例年のように主任が長期休暇を取ります。主任代行の一端を担うことになる小さき者のためお祈り下さい。

*写真は手術室のリーダーシップ
左から手術室副主任のC姉、主任のV兄、麻酔科主任のP兄、外科部長のW宣教師(帰国中)

その他の活動報告や祈祷課題

その他

2016年5月〜の宣教報告(過去ログ)や祈祷課題はこちら

帰国予定巡回予定などが決まった場合、掲載されます

申し込みは神栖教会・蔦田敬子牧師(0299-92-3545)saltsuta@yahoo.co.jp まで

巡回報告予定

日時  教会・聖会

教団本部

東京都千代田区神田駿河台2-1 OCCビル6F 地図リンク
TEL:03-3291-1308
FAX:03-3291-1309
e-mail:honbu@immanuel.or.jp
時間:10:00~16:00
受付日:火・木・金

全国のインマヌエル教会

eラーニング

インマヌエル教育局では、牧師の学びや、地方(海外でも)にお住まいの方や、お仕事や介護で時間の取りにくい信徒の方のために、インターネットを用いた学びを提供しています。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

↑ PAGE TOP