インマヌエル綜合伝道団はプロテスタント:キリスト教会の教団です

イムマヌエル綜合伝道団ロゴ

KENYA(ケニア/テヌウェク)蔦田就子

Miss Anna N. Tsutada

c/o Tenwek Hospita1, P.O.Box 39, Bomet, KENYA

e-mail : tenwekanna@yahoo.co.jp

現在のブログは「音ノート3」http://otonote3.holy.jp/

以前のブログは「音ノート2」とhttp://www.voiceblog.jp/ant2/
「音ノート」http://www.voiceblog.jp/ant/

献身の「証し」 更新 2021年12/1NEW

世界宣教局では宣教師の献身の証しを収録していくことになりました。
第一回目は ケニア、テヌウェック病院でご奉仕しておられる蔦田就子(なりこ)宣教師です。

3分のコンパクト版(←クリック)と
フルバージョンの約20分のもの(←クリック)
を用意しました。どのように、献身に、宣教師に導かれ、今どのような恵みを感じておらるかが収録されています。ぜひご覧ください。

ホームページ用:「包帯の送り方、」「支援物資の送り方」など(2019年2月17日記) 更新 4/15NEW

ケニア・テヌウェク病院に送付して頂く包帯等について

お問い合わせを感謝いたします。お忙しい日本の方々が、時を割き、心を遣って祈り、包帯や病理検査用の空き容器等を集めて送って下さっていることに、病院のスタッフ一同心より感謝しております。くわしくは、こちら(クリック)をご覧ください

公信236号(2024年4月)HP更新5/31 NEW

「4月1日から約1か月の年次休暇に入りました。義務として取らなければいけないという大変有り難い制度です。全国規模の医師ストライキがあり、「それでも開いている病院」として患者さんがよそからも押しかけ始めており、いつも以上に忙しいのに、極力呼び出しなどしないようにして下さいました。実際心身ともに息切れを起こしていましたので、復帰した時に元気にご奉仕できるために、と出来るだけ休むように、病院に行かないようにしていました。  ただ、手術室には試練の時でした。ワッツアップという、携帯での連絡網の短いメッセージを夜中に開けた時に、長期宣教師のご兄弟が手術後に亡くなられた、というメッセージが入っていました。また、同時期に、手術室のスタッフのA姉妹が脳内出血で手術になる、ICUへ行かれる、というメッセージが入っていました。そのためのお祈り会、カウンセラーや病院の首脳陣なども交えたデブリーフィング(PTSD予防の意味もあり、ショックなことがあった時に分かち合い、振り返りなどの時を持つ)が早速計画されたのは幸いでしたが、同時期にテヌウェクの外で会議等のためナイロビへ移動中にその計画を見て、どれも出られない、と申し訳なく思うとともに、詳細が分からず、戸惑いがありました。また、亡くなられたご兄弟と、ICUのA姉妹のためにか、と思いつつ読み返すと、A姉妹が亡くなられたと推察される内容でしたので、動揺しました。2000年に私が赴任した時からおられた、控えめな笑顔が素晴らしい姉妹でした。今まで交通事故や骨折で長期病欠というスタッフが続いていましたが、命が守られて良かった、と思っていたところでしたので、何故、という思いもありました。  ナイロビからの移動先はWGMのリトリートでした。アメリカから元ケニア宣教師のS夫妻がカウンセラー的な役割で加わる予定でしたが、機上直前に心臓発作を起こして緊急入院される、という事もありました。(飛行機に乗る「前」だったので、適切な処置が受けられたことは感謝でした。)毎年リトリートでは自由時間がたっぷりあるので、前月から引きずっていたことも含めて、上記の動揺と共にS夫妻の奥様の方と時を取ろうと思っていた矢先でした。幸いなことに、数年前に病院が火事に遭った後のリトリートに来て下さった以来の超教派のカウンセラーの先生が参加して下さったので時を取っていただくことが出来、祈っていただき、重荷を下ろす時が与えられて感謝でした。

 リトリートの後、予定より早めに帰宅して、それぞれの病院葬に出席を許されたことも整理の時となりました。リトリートの講師の方の著書を宿題として読んでから臨む、という今年でしたが、きよめについて、用語でなく、慣習でなく、行いでなく、伝統でなく、中心はどういう事か、と丁寧に教えていただいた幸いな時でした。特にゼカリヤ書の水がだんだん上がってくる箇所のところを、自分の事にしがみつき接触している、まだ地面に足がついている段階から、すっかり離れて任せて恵みに押し流されていく、という違いについての解説が良く分かりました。

リトリートの往復でも広範囲に渡って洪水警報などが出され、心配しながらの道中でしたが悪路でも守られ、感謝していました。その後降雨も洪水の情報も悪化をたどり、いつもナイロビ行きに使う道路で洪水が起きたり、一時閉鎖があったり、とも聞いています。日本でも報道されているそうで、お祈りをいただき感謝です。テヌウェク病院のごく初期から協力関係にあるキジャベミッション病院では、周辺で地滑りが起き、スタッフの関係者が流されたりしたそうです。そこも「全国的な医師のストライキの時でも空いている病院」という事で患者さんがいつも以上に押し寄せていたところに、被災者の方が加わり、上記のような事情で来られないスタッフが出たりしてかなり大変のようです。WGM宣教師ご家族も勤務しておられ、またすぐ隣の敷地には、全寮制のアフリカの宣教師子女向けの学校もあります。今の所守られているそうですが、かなり近所で地滑りが起きたりもしているそうですので覚えてお祈りください。テヌウェク病院関係の宣教師子女も入寮しています。

先月までお知らせしたように、テヌウェク病院周辺でだいぶ構内の排水設備が整ってきていたのですが、それを上回る雨量のせいか、通勤路が濁流になったり、背の高い木が根元を削られたためか敷地内に倒れたり(幸い被害はありませんでした)、一部住居や病棟の床上浸水があって、急遽排水ボランティアが募集されたりしています。私の自宅は一度も浸水に遭わず、休暇中なので濁流の中を歩くこともなく、申し訳ないほど守られています。場所と時間によっては、通勤にかなり苦労しているスタッフはいるようです。大体は午後の決まった時間にうんと降り、あとはからっと晴れたりするので、時間の制限が無ければ合間を縫って移動は出来ます。ただ、夜中など他の時間帯にも嵐のように降ることもあります。天候が整えられ、洪水の被害が拡大しないように、既に被災された方々の必要のために覚えてお祈りください。

その他の活動報告や祈祷課題

祈祷課題

◆年次休暇やリトリートの機会を与えられた感謝

◆天候が整い、洪水等の被害が止まるようにまた被災者の必要のために

◆麻酔科、整形外科、主任室等の働き人(ルカ10:2)が起こされ用いられるように

その他

2016年5月〜の宣教報告(過去ログ)はこちら



次回の帰国予定巡回予定などが決まった場合、掲載されます

申し込みは世界宣教局 まで

巡回報告予定

日時  教会・聖会

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

↑ PAGE TOP