インマヌエル綜合伝道団はプロテスタント:キリスト教会の教団です

イムマヌエル綜合伝道団ロゴ

KENYA(ケニア/テヌウェク)蔦田就子

Miss Anna N. Tsutada

c/o Tenwek Hospita1, P.O.Box 39, Bomet, KENYA

e-mail : annatsutada@tenwek.com

現在のブログは「音ノート2」http://www.voiceblog.jp/ant2/
以前のブログは「音ノート」http://www.voiceblog.jp/ant/

ホームページ用公信154号(2017年6月)NEW

  6月初頭勤務復帰。暖かく迎えられ感謝。ある宣教師ご家族から「帰ってきてくれて良かったー。
なんか、居てくれるだけで良いんだよ」と言われ、存在そのものを価値高く見て下さる主の事を思わされました。
蔦田就子宣教師

今度は全国規模で看護師ストライキ。忙しい中無事1か月を越え感謝。
ある週の木曜。月曜から2週間ずつ実習に他大学の2グループが来ると連絡。
1グループ6人、重なる週は一度に12人の配置等、短期間で2通り予定表を作成。
前回「〇日から」と連絡された日は移動日で到着は夕方、急きょその日の夕方作り直したり、「〇日まで」と言われた日がまた移動日で最終日がつぶれたり、と言う事があったので、連絡された開始日と終了日そのまま版と、やっぱり移動日だった場合版の2通り。
かなり大きな学校のためなのか、今回も連絡や手配が思うようでなく、学生指導にも色々困難有り。
最後の方の日曜のメッセージで赦すことが語られ、学生個人の為に祈っていたか反省。
自身が出来の悪い学生だったことも思い出しました。
最後まで色々ありましたが、「ここで○○を学べて良かった」(手術室実習は全過程のほぼ最終段階に組まれているので、正直、その○○を今まで教われなかったのか・・・という思いもありましたが)等の感想も聞けて感謝でした。
2人は1人よりも良い、とありますが、主任ともう一人の副主任と3人でなければとても乗り越えられなかった山でした。

第2日曜から昼食担当にも復帰。日本からの食材で毎回一味違った献立が喜ばれ、短期ボランティアの方々からも、日本の教会の皆様によろしく、と承っております。

今月は沢山の教会から小包が届き感謝です。
中身が包帯や空容器など、病院用限定の小包に関しては、箱の外にFor Mission Hospital, Non-commercial value (ミッション病院宛、商品価値なし)と大書していただけると助かります。税金がかからず、最低料金で受け取ることが出来るからです。
食材など、私用とみなされるものには書かないで下さい。宜しくお願い致します。

8月8日の大統領選含めた6種類の選挙を前に、講壇も「クリスチャンと政治」の連講となりました。政治集会から暴動に発展、警察が出動して催涙ガス使用、騒ぎに便乗した強盗発生、等警戒メールが頻繁に来ますが、病院はここまで守られ感謝です。引き続き、選挙と前後の活動が平和裏に行われるよう、お祈り下さい。

その他の活動報告や祈祷課題

その他

2016年5月〜の宣教報告(過去ログ)や祈祷課題はこちら

帰国予定巡回予定などが決まった場合、掲載されます

申し込みは神栖教会・蔦田敬子牧師(0299-92-3545)saltsuta@yahoo.co.jp まで

巡回報告予定

日時  教会・聖会

教団本部

東京都千代田区神田駿河台2-1 OCCビル6F 地図リンク
TEL:03-3291-1308
FAX:03-3291-1309
e-mail:honbu@immanuel.or.jp
時間:10:00~16:00
受付日:火・木・金

全国のインマヌエル教会

eラーニング

インマヌエル教育局では、牧師の学びや、地方(海外でも)にお住まいの方や、お仕事や介護で時間の取りにくい信徒の方のために、インターネットを用いた学びを提供しています。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

↑ PAGE TOP