インマヌエル綜合伝道団はプロテスタント:キリスト教会の教団です

イムマヌエル綜合伝道団ロゴ

PHILIPPINES(フィリピン)○豊田常喜、恭子

Rev. Tsuneki & Mrs. Kyoko Toyoda

c/o Rosales Wesleyan Bible College, Inc.,
San Pedro West, Rosales, Pangasinan
2441, Philippines

e-mail : igmtoyoda@gmail.com

*2019年5月(7/5付:HP更新7/30)NEW

「その石で、彼は主の御名によって一つの祭壇を築き、その祭壇の周りに、ニセアの種が入るほどの溝を掘った。」 列王記第一18章32節

今月で夏休みは終わり、八月から新学年度が始まります。在校生たちが一人も漏れなく帰って来ること、そして、新入生が沢山入って来ることを願うばかりです。

【ウェスレアン教会全国祈祷会】
マニラにあるカインタ教会で開かれたウェスレアン教会の全国一斉祈祷会に常喜が出席しました。この日は、年に一度、フィリピンのウェスレアン教会のすべてが、何かしらの形で祈祷会を開きウェスレアン教会に関わる様々なことのためにお祈りをする日です。教区長ジェイサン先生よりお勧めがあった後、五つのグループに分かれ、五つの部屋をまわり、それぞれの部屋に掲載された祈祷課題にしたがって祈りました。最後は、ランチが振る舞われ、愛餐のときを持ち、解散となりました。このマニラ東教区の祈祷会では約百名ほどの方々が集まりました。

  フィリピン7月

【パルメラ教会訪問】
特に、奉仕の依頼はありませんでしたが、マニラにあるパルメラ教会の礼拝に家族で出席しました。そこで、ミンダナオ島からナザレンセミナリーで学ぶ予定のヴィルマー・ディングリ先生御夫妻にお目に掛かることができました。以前より、話しには聞いていたのですが、なかなか会う機会がありませんでしたので、良き交わりの時となりました。彼らの二年間の学びのためにお祈り下さい。

【日本巡回同行】
7月下旬の1週間、フィリピンウェスレアン教会から代表のギリアモ先生と宣教局長のルマハン先生の日本訪問に恭子が同伴しました。前半は、恭子の神学校と実習教会のあったTEAM宣教師の働きである高松コミュニティーチャーチを訪問し、フィリピンウェスレアン教会から送る準備をしている宣教師の最終的な打合わせと確認をしました。また礼拝では、フィリピン人会衆が大半をしめる礼拝と日本人が多く集う礼拝と両方の皆さんにお目にかかることが出来ました。ルマハン先生は二度目の訪問でしたが、ギリアモ先生は初めてでしたので、教会の皆さんの宣教師への期待が想像以上に大きかったと、驚きと感謝と少しの緊張感の中、無事に宣教師を送り出せるようにと祈りながら東京に移動しました。  後半は東京でインマヌエルの本部を訪問し、代表を初め総務局長、国内・世界各宣教局長と会談し、インマヌエルとの宣教協力への感謝、これからの協力確認、またお互いの教団の運営の様子などにも話が及びあっという間の2時間ほどでした。暖かく迎えてくださった本部の皆さんに心から感謝しました。
日本訪問
 また神学院(横浜)も訪問させて頂き、朝イチの時間でしたが、丁寧に案内してくださった馬場姉と渡辺真理先生、河村院長先生にも心から感謝しました。その後中目黒教会の祈祷会に参加、そして在日フィリピン人教会連合の理事の宣教師の先生方とウィクリフ宣教師の福田崇先生との面会もありました。  行く先々で良い出会いと良い繋がりが生まれ、帰りの飛行機の中では三人とも心地良い疲労感の中にも充実感があり、これからの働きについて建設的な話し合いをしながらマニラに着きました。日本はちょうど梅雨明け前後の涼しい週で、とても過ごしやすかったです。  恭子が日本に帰国中、常喜と子どもたちは留守番をしていました。学生も夏休みでいないということもあり、宣教師館周囲の草が伸び、とりわけ裏の物干し周辺は少し足でかき分けていかなければならない状態になったので、常喜は学校の草刈機で宣教師館の周囲の草刈をしました。常喜にとって草刈機を使用するのは神学院時代のことで、神学生時代を懐かしみつつ作業に精を出しました。

【マニラ日本語キリスト教会】  今月も、マニラ日本語キリスト教会(MJCC)での奉仕のために常喜がマニラに出かけました。最近、マニラでは、渋滞軽減のために、高速バスに限り指定されたバスターミナル(二カ所だけ)でしか下車できなくなり、少し不便になりましたが、下車してから路線バスに乗り換え目的地に向かい、無事到着しました。
 列王記の連講第四回を迎え、列王記第一18章のカルメル山の記事から『主こそ神です』と題し、出エジプト記、ヨシュア記、そして主イエスの十字架の物語と結びつけて、説教をしました。
 この日は、昨年受洗された方が日本に帰国されることとなり、礼拝後には、その方の送別会が開かれ、送別会後には愛餐のときがもたれました。フィリピンに来て、様々な苦難を通られ、その中で福音に触れ、クリスチャンとなり、日本に帰国されるこの方の信仰が守られるようにみんなで祈って送り出しました。

その他の活動報告や祈祷課題

祈祷課題

各地域から出されたブース

◆夏休み中、学生たちがサタンからの誘惑、攻撃から守られ訓練と学びに励むことができるように。

◆月1度のマニラ日本語キリスト教会(MJCC)の働きのため

◆事故、事件、怪我、過ち、災害から家族が守られますように。子どもたちの学びのため。

その他

2016年5月〜の宣教報告(過去ログ)はこちら



次回の帰国予定巡回予定などが決まった場合、掲載されます

申し込みは神栖教会・蔦田敬子牧師(0299-92-3545)saltsuta@yahoo.co.jp まで

巡回報告予定

日時  教会・聖会

教団本部

東京都千代田区神田駿河台2-1 OCCビル6F 地図リンク
TEL:03-3291-1308
FAX:03-3291-1309
e-mail:honbu@immanuel.or.jp
時間:10:00~16:00
受付日:火・木・金

全国のインマヌエル教会

eラーニング

インマヌエル教育局では、牧師の学びや、地方(海外でも)にお住まいの方や、お仕事や介護で時間の取りにくい信徒の方のために、インターネットを用いた学びを提供しています。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

↑ PAGE TOP