インマヌエル綜合伝道団はプロテスタント:キリスト教会の教団です

イムマヌエル綜合伝道団ロゴ

TAIWAN, R. O. C.(台湾):平瀬義樹、光世

Rev. David Y. & Mrs. Anna M. Hirase

中華民国台湾省台中市 403 精誠三街 51 號

886−4−2320−2931〔Fax 2320−6418〕

e-mail : dyhirase@ms25.hinet.net

公信 2019年 3-4 月 宣教報告UP

 「十字架につけられたイエス・キリストが、あなたがたの目の前に、あんなにはっきり示された」 (ガラテヤ 3 章 1 節)

復活の主の御名を心より賛美します。台中教会の会堂移転のために、背後で本当に多くのお祈りと お励ましを頂きまして、ありがとうございました。

教会の方は、3月半ばに正式契約を経て、電気配線やクーラーの移設、水回りの修繕と改修工事が完了しました。あとは、音響の移設を残すのみとなり、教会の書籍や備品などの移動を、毎集会後に、少しずつ教会の愛兄姉方がご愛労下さっています。教会メンバーだけでなく、教会に来ていない姉妹方のご主人や家族、友人方もお手伝い下さり、荷物の搬出入をしながら、親しい語らいの時が許され、このような関係の築き方もあるのだと、新しい発見をしています。

牧師宅の方ですが、賃貸予定の物件のキャンセルで、教会の引越、定例の集会と同時進行しながらの物件探しで、少し難航しましたが、条件に見合う良い物件が与えられ、先週末、正式契約も終えることができました。順次、引越を進めて参ります。五月には完全に移行する見込みです。引き続き、お祈り下さい。

そんな最中、3 月 24 日の聖日には、金沢教会から「チームかなざわ」の 7 名のゲストを迎えての特別集 会を守りました。冒頭の聖句より諄々とみことばが取次がれ、中高生メンバーによる「十の災い」のスキット、 とにキャンのレパートリー讃美の紹介、真実な救いの証しといった盛りだくさんの恵みを頂きました。引越作 業や当地ならでわの契約の難しさに翻弄された宣教師家族にとって、本当に憩いのひと時でした。多謝。

参加者から寄せられた一言証詞をご紹介します。台湾への宣教地訪問を随時受け付けております。 「神様から多くの恵みを頂きました。感謝です。」(蔵谷梨絵姉)「暖かく歓迎してくださり、本当に感謝でした。
 台中教会2019.3-4
これからも台中教会のためにお祈りします。」(蔦田愛実姉)「初めての海外だったのでとても不安でしたが、 台湾教会の皆さんに優しくしてもらい嬉しかったです。」(柳つばささん)「神様の大きな愛が国に関係なく世 界各地に注がれているという事を肌身に感じることができました。」(戸田聖愛姉)「台湾の宣教訪問を通して 色々な事を体験できました。国は違っても同じように信仰されている事を身をもって実感する事ができまし た。」(地下莉々亜姉)「台湾教会の皆さま、いつかまた会う日まで(希望、夏!)。」(戸田基兄) 「台中教会の皆さまの前進に祝福がありますように。」(蔦田崇志師)

引き続き、教会が一致して進んで行けますよう、背後のお祈りとご支援を宜しくお願いします。栄光在主。

祈祷課題:五月完全移行の見込みです。引き続き、覚えてお祈りを宜しくお願いします。

◆ 感謝します。神さまが新しい会堂と牧師宅を与えて下さいました。

◆ 新しい場所での働き・変化の中、教会が一致して進んでいけるように。

◆ 子どもたちの学びと将来の導きのために(明里は高三後期、勝大は中三 二人とも受験生です。)

◆ 複雑な極東アジアの国際情勢の中、台湾の政治や経済、教育、治安が安定し続けるように。

その他

2016年5月〜 の報告(過去ログ)は、こちらに掲載されています

巡回予定などが決まった場合、下の表に掲載されます

申し込みは神栖教会・蔦田敬子牧師(0299-92-3545)saltsuta@yahoo.co.jp まで

巡回報告予定

日時  教会・聖会
 月 日( ) ◯◯教会

教団本部

東京都千代田区神田駿河台2-1 OCCビル6F 地図リンク
TEL:03-3291-1308
FAX:03-3291-1309
e-mail:honbu@immanuel.or.jp
時間:10:00~16:00
受付日:火・木・金

全国のインマヌエル教会

eラーニング

インマヌエル教育局では、牧師の学びや、地方(海外でも)にお住まいの方や、お仕事や介護で時間の取りにくい信徒の方のために、インターネットを用いた学びを提供しています。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

↑ PAGE TOP