インマヌエル綜合伝道団はプロテスタント:キリスト教会の教団です

イムマヌエル綜合伝道団ロゴ

Zambia(ザンビア)富澤香宣教師、根廻恵子宣教師

ZAMBIA(ザンビア)富澤 香 Miss Ruth Kaoru Tomoisawa
c/o Jembo Clinic, P.O.Box. 640111,
Jembo, Pemba,Zambia
富澤香宣教師と根廻恵子宣教師 e-mail : tomisawa@immanuel.or.jp

Zambia ZAMBIA(ザンビア)根廻恵子 Miss Keiko Nemawari
c/o Jembo Clinic, P.O.Box. 640111,
Jembo, Pemba, Zambia
e-mail : kn1222m633@gmail.com

富澤 香*2020年1月6日NEW

ザンビアは現在雨季の期間で確かに見えるところ一面が緑ですが地面は乾燥しているのが見られます。今年も去年に続いて飢餓に苦しむのではないかと懸念されるほどです。そんな中で先日やっと少し雨らしい雨が夜中に降り、少しホッとしています。伸び悩んでいたトウモロコシが何とか育ちあがるまで雨が降ってくれるようにと祈っています。物価もかなり高くなっていて生活は大変です。また停電も続いており現在は、夜10時半頃から翌朝5時までと昼間10時半頃から14時頃まで電気がつくときがあるだけです。生活習慣を夜10時半以降の洗濯や他のことを考えて夕食後一度早めに休んで10時半過ぎからできることをするように変え慣れてきたところです。

クリニックでは、薬の不足が続いています。先日も8項目のオーダーのうち在庫がないということで1つの薬しか手に入りませんでした。

私の通っている教会では牧師の交代がありましたが、心一つになって進んでいる様子に御名を崇め感謝しています。教会のある地域にはマンゴーがあまりありません。マンゴーが空腹しのぎにとても助かるということが分かったので、食べきれないほどできている我が家のマンゴーを日曜日ごとに教会に持って行って皆に食べてもらっています。住んでいるジェンボ周辺でもマンゴーを拾いに来ている人がたくさんいます。自然の恵みに感謝です。それでもマンゴーが無くなったら次に代わりになる物がないと心配しています。トウモロコシが何とか収穫できるようにと祈るばかりです。

祈祷課題

ザンビア人の生活、日々の食事 がとれるように。充分な雨が降る ように

主の証しとしてクリニックが歩んで行けるように

健康管理と霊の営みが支えられるように

根廻恵子*2019年12月26日NEW

主の御名を賛美申し上げます。 今年は久し振りに日本での寒さ感じながらのクリスマスを過ごさせていただきました。南半球にあるザンビアの12月は暑い季節になります。子供の頃に慣れ親しんだ寒いクリスマスシーズンを久しぶりに感じながら過ごさせていただいています。寒さに弱いので防寒に苦心しながらの日々ですが、体は守られていて本当に感謝です。

巡回報告は中目黒で奉仕させていただきました。今年最後の定例の祈祷会であったことを伺い、貴重なお時間をいただき主の御業を分かち合うことが許されました。
 12月5日にはJOMA主催による賛美コンサートにネットのZOOMにて一部参加させていただいたことも貴重な体験でした。


梅田師、富沢&根廻宣教師

個人的なことではありますが、12月21日に祖母を天に送りました。最後の時に立ち会うことは許されませんでしたが、まだ元気なときに今回の帰国後に1度会うことが許されました。そのときが最後となりましたが、祖母の明るい姿が今でも脳裏に残っています。その後、祖母の様子を家族を通して伺っていましたが、祖母の魂を主がしっかりとらえてくださっているのを感じました。改めて本当に大切なこと、魂について考えるときが家族に与えられ、素晴らしい時でした。

このクリスマスのタイミングで本当の救いはこの主イエスキリストにしかないという事実を味わう時となりました。最高のメッセージプレゼントを祖母の召天を通して神様が下さったと信じています。その他にはザンビア繋がりで色々な方にお会いする機会があり、とても充実した豊かな日々を過ごさせて頂いています。

祈祷課題(根廻)

◆ 日本滞在が祝福されていることを感謝
◆ 祖母の召天の感謝

その他

2016年5月〜の宣教報告(過去ログ)はこちら

帰国予定巡回予定などが決まった場合など、以下に掲載されます

申し込みは神栖教会・蔦田敬子牧師(0299-92-3545)saltsuta@yahoo.co.jp まで

根廻宣教師巡回報告予定

10月帰国  10月から2020年の3月まで受付可能
10月23日(水)  仙台教会
11月10日(日)  磐田教会
11月12日(火)  船橋教会
11月17-24日  中京教区
12月11日(水)  中目黒教会
1月12日(日)  中目黒教会
1月13日(月)  関東4教区新年聖会
1月26日(日)  神栖教会
2月2日(日)  上田教会
2月9日(日)  神学院教会
2月16日(日)  安食教会
2月23日(日)  深川教会
3月1日(日)  長岡教会
3月8日(日)  那覇教会
3月12日(木)  東風平教会
3月15日(日)  糸満教会

2016年:ジェンボ宣教師館プロジェクトダイアリー:根廻

9月9日

宣教師館の工事の様子

建築士がジェンボに着いた際、水汲みポンプが動いていないことを発見。見てみると、コンセントがやけていた。ユニットボックスの中身を見てみると、他のところもダメージが見られた。建築士がジンバに来て電気技師に見せたところ供給電圧が不安定の為にダメージをうけたとのこと。ポンプが動いてない事から、ポンプがダメージを受けて壊れた事が予想される。
リビングストンに行き、建設必要なものの買い物をした。
大工と会い、オーダーしたものの締切日を設定した(9/20)

9月10日

ジェンボへ。
天井につける扇風機が思ったよりも簡単につけるものであり、無駄なダメージを残さずに行う事ができた。
ペンキ塗りや細かい作業に取り掛かっている。ポンプはダメージを受けないことがわかった。感謝。
電気が来たのが遅く、ユニットボックスを取り付ける作業までは行けなかった。
ジェンボからジンバの帰り途中、チョマで屋外配線をしてくれている電気技師に会い、必要な書類の提出をした。

9月19日

コンテナ

コンテナー運搬社が昨日来る予定が本朝につき、朝から作業開始となる。想像していたよりも小さいクレーン車で、作業が難航したが、私たちの警備をしてくださっている方や友人の大きな助けによって無事にトラックに積むことができた。その後、カトリック大工のところから、家具や木材を積んで出発した。
午後にジンバを出たため、ジェンボのいつくのが遅くなり、荷下しは翌日なる。
私たちもジェンボに行った。建築士から建築進行具合の報告を受ける。すべての部屋に取っ手がつけられ、すべての部屋はペンキ塗りが終わり、水道が繋げられ、ベランダを作り始めていた。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

↑ PAGE TOP