インマヌエル綜合伝道団はプロテスタント:キリスト教会の教団です

イムマヌエル綜合伝道団ロゴ

Zambia(ザンビア)富澤香宣教師、根廻恵子宣教師

ZAMBIA(ザンビア)富澤 香 Miss Ruth Kaoru Tomoisawa
c/o Jembo Clinic, P.O.Box. 640111,
Jembo, Pemba,Zambia
富澤香宣教師と根廻恵子宣教師 e-mail : tomisawa@immanuel.or.jp

Zambia ZAMBIA(ザンビア)根廻恵子 Miss Keiko Nemawari
c/o Jembo Clinic, P.O.Box. 640111,
Jembo, Pemba, Zambia
e-mail : kn1222m633@gmail.com

*2019年6月 根廻恵子宣教師(11/3報告、11/30HP更新)NEW

主の御名を賛美します。 
ザンビアの7月は例年ですと乾燥し、風が吹く寒い季節ですが、今年は去年のような寒さはなく比較的過ごしやすいように感じます。ただ、雨季(10月から3月)に雨量が少なく作物がほとんど育たなかったため、人々は「食べ物がない」と嘆いています。普段今の時期では乾くことのない川や貯水池は水がなくなり、水不足状態で農家の人々は野菜・家畜を育てることにも苦労しています。 

主の御名を賛美申し上げます。 10月に入り、ザンビアは未だ雨が降らず、水不足が続いているようです。影響は作物にとどまらず、ダムの水力発電に頼っているザンビアは節電のために毎日15時間以上の停電が続いているようです。電気が安定しない中で様々なところに影響が及んでいるようです。 

報告帰国のために9月30日にザンビアを発ち、10月2日に日本羽田に無事に着きました。お祈りありがとうございました。秋になりかけている日本であったこともあり、とても過ごしやすい季節で感謝しています。今のところ体調も崩さず過ごすことができ感謝です。帰国後、いろいろな方に久しぶりにお会いでき、とても感謝な日々を過ごさせていています。我孫子にあるミッションハウスという備えられた場所が与えられており、時間がある時は近くに手賀沼というゆっくり散歩できる場所で日本の秋を楽しませていただいてます。ザンビアから来ると、改めて日本は先進国なんだと感じ日本の素晴らしさ豊かさに驚き、戸惑いながら徐々に適応していっています。帰国後何度か大きい台風に遭い、日々変わる日本の天候にやや驚きました。ザンビアでは毎日天気予報を見る習慣がなかったため、ある日天気を知らずに外出し、ひどい雨にあたり驚きました。

23日は仙台教会の祈祷会で今回初めての報告をさせていただきました。不慣れな報告にも皆様暖かく迎えてくださり、また良き御交わりの時を持つことができました。巡回報告が始まりますので、よろしくお願いします。

日本への帰国後、ジェンボのクリニックのスタッフから何度か連絡があり、ネット通話やチャットで指示を出したりすことがありました。日本とザンビアが離れていてもインターネットを通してコミュニケーションがスムーズに取れたことに驚きとともに感謝しました。このようなコミュニケーションを通してザンビアの様子が知ることできありがたいです。

祈祷課題 ザンビアに必要な雨が降るように 日本の巡回が祝されるように。 

 

<。

* 公信2019年5月 富澤香宣教師(6/1報告、HP6/29更新)NEW

今月はさらに外出が多くなった月でした。訪問団受け入れのためにオーダーしていたマットレスが入荷し、取り置いてあると連絡があり、友人のトラックで運んで頂きました。準備することはたくさんあるのですが、マットレスが用意できたことで大きな安堵感があります。オーダーしてから8か月かかりましたが、皆さんが寝るところだけは確保できました。お祈りありがとうございました。
梅田師、富沢&根廻宣教師

教会への往復はかなり疲れを覚え、結局自転車に乗せてもらう方法が一番良いという結論になりました。自転車は自分でも乗れるのですが、ジンバの時の経験(自転車で2回転んで結構な傷を負った)もあり、乗せてもらっています。それでも行きは5キロを歩いて教会にたどり着きます。早く着いたときは、お掃除もできるので助かります。疲れが半分になり教会生活が楽しくなりました。背後にあるお祈りを感謝いたします。

その他の活動報告や祈祷課題

祈祷課題(根廻 12月:11/30更新)

◆ ザンビアに必要な雨が降るように
◆ 日本での巡回が祝されるように
◆ 健康が守られるように。

祈祷課題(富沢 6月:6/28更新)

◆日々の生活の安全と見守り
◆訪問団受け入れの準備と祝福
◆必要な家の修理、手直しが問題なくできますように

その他

2016年5月〜の宣教報告(過去ログ)はこちら

帰国予定巡回予定などが決まった場合など、以下に掲載されます

申し込みは神栖教会・蔦田敬子牧師(0299-92-3545)saltsuta@yahoo.co.jp まで

根廻宣教師巡回報告予定

10月帰国  10月から2020年の3月まで受付可能
10月23日(水)  仙台教会
11月10日(日)  磐田教会
11月12日(火)  船橋教会
11月17-24日  中京教区
12月11日(水)  中目黒教会
1月12日(日)  中目黒教会
1月26日(日)  神栖教会
2月2日(日)  上田教会
2月9日(日)  神学院教会
2月23日(日)  深川教会
3月1日(日)  長岡教会
3月8日(日)  那覇教会
3月12日(木)  東風平教会
3月15日(日)  糸満教会

2016年:ジェンボ宣教師館プロジェクトダイアリー:根廻

9月9日

宣教師館の工事の様子

建築士がジェンボに着いた際、水汲みポンプが動いていないことを発見。見てみると、コンセントがやけていた。ユニットボックスの中身を見てみると、他のところもダメージが見られた。建築士がジンバに来て電気技師に見せたところ供給電圧が不安定の為にダメージをうけたとのこと。ポンプが動いてない事から、ポンプがダメージを受けて壊れた事が予想される。
リビングストンに行き、建設必要なものの買い物をした。
大工と会い、オーダーしたものの締切日を設定した(9/20)

9月10日

ジェンボへ。
天井につける扇風機が思ったよりも簡単につけるものであり、無駄なダメージを残さずに行う事ができた。
ペンキ塗りや細かい作業に取り掛かっている。ポンプはダメージを受けないことがわかった。感謝。
電気が来たのが遅く、ユニットボックスを取り付ける作業までは行けなかった。
ジェンボからジンバの帰り途中、チョマで屋外配線をしてくれている電気技師に会い、必要な書類の提出をした。

9月19日

コンテナ

コンテナー運搬社が昨日来る予定が本朝につき、朝から作業開始となる。想像していたよりも小さいクレーン車で、作業が難航したが、私たちの警備をしてくださっている方や友人の大きな助けによって無事にトラックに積むことができた。その後、カトリック大工のところから、家具や木材を積んで出発した。
午後にジンバを出たため、ジェンボのいつくのが遅くなり、荷下しは翌日なる。
私たちもジェンボに行った。建築士から建築進行具合の報告を受ける。すべての部屋に取っ手がつけられ、すべての部屋はペンキ塗りが終わり、水道が繋げられ、ベランダを作り始めていた。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

↑ PAGE TOP